黒は着痩せする色じゃない?!服だけでマイナス5キロ痩せるコツ

今回は【着痩せ】についてお話しします!

体型を気にしている人は、スッキリと見えるような服を選んで着たいですよね。でも、自分がどの服を選ぶべきか分からず逆に太って見せてしまっていたり、体型を隠そうとしたり楽だからと体型よりも大きくダボッとした服を選んでしまいがちです。

でも服って人の印象を左右する超重要なアイテムなんです!だから普段より痩せ見えすることだって可能です!

着痩せコーデのポイントを紹介します!

 

着痩せコーデの基本は色

体型カバーは服のデザインによってもできますが、基本は「色」です。

同じデザインの服でも、色違いで太って見えたり痩せて見えたりする経験はありませんか?

着痩せコーデは目の錯覚を利用します。だから痩せて見える色をうまく取り入れることが大切なんです!

色には実際よりも細く見える「収縮色」と膨らんで見える「膨張色」が存在します。

その色や特徴を紹介します!

「収縮色」・・・痩せて見える

寒色系のカラーが分類される(黒・青・水色など)
影のように見えるので実際よりも面積が小さく見える
「膨張色」・・・太って見える

暖色系のカラーが分類される(白・赤・ピンク・オレンジ・黄色・ベージュなど)
光を反射するため実際よりも面積が大きく見える

着痩せコーデのポイントは細く見せたい部分にこの「収縮色」を取り入れるということです!

簡単ですよね♪

全身黒コーデは逆効果

「黒」は引き締まる色だから全身黒コーデをすればめっちゃ痩せ見え!

と思っていませんか?

淡い色よりは黒の方が引き締まって見えますが、黒は重い印象を持ちがちでボディラインが際立ってしまうというという残念なポイントでもあるんです・・・。

もともと痩せている人はそれを強調できるので良いのですが、体型を気にしている人は全身コーデに向いていない色なんです。

黒の着痩せテクは部分的に色を使うこと!

たとえば、トップスに黒を使い、ボトムスに淡い色を使うことで重心が上の方に行きバランス効果が生まれスラリとした印象になります。

また、インナーとボトムスを黒で繋ぎ縦長ラインを作り、ジャケットやカーディガンを羽織れば痩せ見えします!

下半身が黒で上半身が淡い色だと重心が下がってボテッとして見えてしまうので注意しましょう。

 

淡い色でも着やせできる?

薄い色は膨張色だから何を着ても太って見える・・・

と思いがちですがそういう訳ではないので安心してください!

色以外で着痩せするポイントもあります♪

おすすめは【首元を見せる】こと。

首、手首、足首の3つです。この部分は最も身体の細いところなので強調させることで細く見えるんです!

腕をまくって手首を見せたり、アンクルパンツなどでくるぶしを見せることで痩せ見えが可能です!

トップスをVネックにするのもおすすめです!
Vネックは首回りのデコルテが美しく見えてさらに抜け感を与えます。Vラインも直線的なのでスッキリとした着痩せコーデができます。
トップスを選ぶときにぜひ取り入れてもらいたいです♪

つまり、寒色系のVネックを着ればさらに着痩せして見せられるし、ぼんやりしたカラーが好きな方、ゆったりめの服が好きな方でも、手首や足首、首元を見せるコーデにすればスッキリと見せることができちゃいます!

ダイエットしなくても痩せ見えできる!

痩せ見えのコーデは視覚に訴えるのもなので体重はもちろん変化しません。

でも、着痩せした自分のスタイルに自信を持つことでより綺麗になろうと自分磨きを頑張るのではないでしょうか?

それに数字で痩せたか太ったかを判断するよりも、見た目でどう感じるかの方が大事かと思います。

ぜひ今回紹介した着痩せコーデを試してみてください

 

最新情報をチェックしよう!